2009年3月2日月曜日

象制作。

鹿の制作もひと段落したので
象のワックスモデリングに入りました。


↑完成イメージCG
毎度のことながらこんなに精密に彫れるはずないけど
目指す着地点はあったほうがよいので。

動物シリーズはこれで三つ目
自己流のワークフローができつつあるような?
下準備はとても重要だとわかりました。
制作の苦楽を左右しますからね。


アタリになるシールをプリントしてワックスに貼り付けます。
これなら手間もかからずサイズも間違えません(笑)

使える技術はなんでも取り入れて
楽はできるだけします。
3DCGで下準備できるメリットは大きいですね~!


象の頭から着手。
とりあえずココまで彫った。
また修行の日々だな・・・。

2 件のコメント:

masa さんのコメント...

ほんとすばらしいですね。
毎回毎回驚かされます。
3DCGのスキルがこういう形で発揮できるのもうらやましい!

manabun さんのコメント...

とんでもないです!
単に楽したいだけですので(笑)

コレを面白がってくれるセンスのほうが
もっとすばらしいことだと思います。